あたしは高校時代、夢中になって勉強していました。

我々はハイスクール世の中、夢中になって勉強していました。
社会問題にまだまだ興味を持ち始めた我々は、記者になることを夢見て田舎の女子高で必死にテーブルにかけていました。
チャレンジで有難い点数を取れば、勉学で張り出されるし教員もほめてもらえる、周辺も尊敬していただける、そんなことも誘因になっていました。
ただし仲の良い周辺だと思っていた子が、チャレンジの箇所で我々に負けると大して嬉しい形相をしなかったり、内緒にして欲しかった志望校のことを言いふらされたり始める懸念もありました。喜ばしい競合だと思っていたのはここだけで、先方はそんなに思ってくれなかったんだなって…。
受験が飛び付くによって、何のために勉強してきたのかわからなくなったりもしました。一体全体将来の夢のためなのか、周りに褒めてほしいから勉強していたのか。我々からチャレンジの箇所や偏差甲斐を取り上げたら何が居残るのか。
普通、セキュリティー志望校に受かって、カレッジをめぐって自分の実力を思い知らされて、一般を愛する女子になりました。けれども今でも、あの時の気掛かりといった切望の入り混じった夕方の家路を思い出します。http://okaneganai.hatenadiary.jp/