お洒落な料理ではなく、the住居料理といった物を作ります。

私の得意な事はごちそうだ。といっても、お洒落なごちそうではなく、the住まいごちそうといった物を作ります。我々は一緒にいる身内が多いので、1奴ずつの盛り付けというよりは、大皿にドンと言った感じのごちそうですが、でも色などには気を使ってある。私の母親はいい意味でお袋のフレーバーといった常連がなく、色んな物を作れて、どれも喜ばしいという母親だ。そんな母親の色んなごちそうを思い起こしながら最近我々は作ってある。旦那はいつも旨いと言ってもらえて、小児には離乳食から自分なりに充分作っていました。なので、小児は摂ることが大好きです。旦那が私の餃子がおいしいという、自分の身内に話してくれて、みんなで餃子集まりをした事がありました。私もすでに母親と共に巧みごちそうが何かわかりませんでしたが、その時から巧みごちそうは餃子としてある!学生時代に働いていたラーメン屋ちゃんの処方を少し参考にしながら自分なりに設置をしています。それをみんなが喜ばしいと言ってワイワイ食べてくれた事はとても嬉しかったです。出典