僕が学生時代に熱中になったことはバンドだ。

ぼくが学生時代に一心不乱になったことはバンドだ。
中学校3世代のころから根本を通していました。やっと弾いたときは音声も出ないですし何も面白くなかったのですが次第にはじけるようになり強敵楽しかっただ。
それからしばらくしてバンドを作りあげました。そのバンドが私の学生時代を一変させました。
セミナーに大層腕のいいギタリストがいたため通常昼休みペラペラの生音ですが曲を併せたりもしました。
当時組んでいたバンドの困難も聞いてもらいました。バンドもセミナーやりくりも何でもかんでも充実していました。
バンドのためにアルバイトもがんばり週間3でアトリエに入りました。定期的にアトリエに入るようになるとコミュニティも豊かできます。
そのコミュニティから現時点も誘われる様になります。
ライブハウスではまったく現時点をしました。マーケティング比率も何だかに上がってきました。そんな時にバンドのギタリストが留学することになりました。
ぼくは解散ライブの演説を持ちこみそれを機に解散することになりました。
解散現時点は今まで仲良かった他のバンドのあなたも見に来てくれ至極盛り上がりました。そうしたら根本は弾いていませんがこれが私の一心不乱になったことです。ブリアンが気になって